開発・生産流通工学講座


開発・生産流通工学講座では、生産活動を行う組織を、特に開発から生産、流通、廃棄/リサイクルに至る一貫したプロセスとして捉え、技術開発戦略基盤、技術経営戦略工学、生産・人間相関、及びプロセス評価の各分野で、このような組織の運営・管理に必要な機能などの問題に関する研究を進めています。

技術開発戦略基盤

企業の技術・経営戦略を構築・遂行する上での基盤となる企業統治、資本政策、投資戦略、法制度と資本市場の設計、商品・流通・経営戦略に関する諸問題を、国際的見地から理論的・実証的に研究しています。

教授: 井上 光太郎
大学院授業担当科目: 企業経営と財務決定

准教授: 鍾 淑玲
大学院授業担当科目: マーケティング流通論

助教: 池田 直史

技術経営戦略工学

新製品開発から生産・ロジスティクスの戦略・マネジメントを対象にし、Q(Quality:品質) 、C(Cost:コスト)、D(Delivary:時間)に関する管理技術の開発に関する研究を行っています。

教授:
大学院授業担当科目:

准教授: 鈴木 定省

助教:

生産・人間相関

人間を包括したプロダクションに関連する管理技術を対象に、特に生産計画・管理、生産管理技術、人間工学、認知工学などに関する諸問題の研究を行っています。

教授: 伊藤 謙治
大学院授業担当科目: 組織・システム設計の人間工学

准教授: 青木 洋貴

助教: 顧 秀珠

プロセス評価

ビジネス・プロセスの評価・設計・管理を対象に、特に生産プロセスの解析、評価、計画、設計、運用、マネジメント技法などに関する研究を行っています。

教授: 梅室 博行
大学院授業担当科目: デザイン思考

准教授:
大学院授業担当科目:

助教:


File Updated:10/4/15

Page Top



Copyright© Dept. of Industrial Engineering and Management, Tokyo Institute of Technology. All Rights Reserved.